食生活と脳疾患の因果関係を知ることです

医療

食生活と脳疾患の因果関係を知ることです

脳の血管が詰まったり狭くなることによって、血流が悪くなると脳梗塞を発症してしまいます。
元々脳内の血管というのは、ものすごく細い血管になっているので、もし詰まりやすい状況になってしまうと酸素や栄養などが行き渡らなくなり倒れてしまいます。
またもうひとつの疾患の要因として、血管が破れるという症状もあります。
これは脳の中の細い血管が破れて出血する症状で、脳出血となっています。
それと同じように、くも膜下出血なども脳の表面の大きな血管にできたコブが破れる状態になっています。
健康を考えるとこれらの脳疾患については、食事や運動を気をつけることによって予防策をとることができます。
食事では血液をサラサラにするために、栄養バランスを考えることが大事です。
医療では食事のバランスというのは、ビタミンやミネラル、タンパク質、炭水化物、糖質などのそれぞれ5大栄養素と呼ばれるものが働いているため、体にとって重要です。
認知症などの予防にも役立ちますので、血糖値が上がらないようにしたり血液の状況を考えて食事をとることです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事