脳梗塞の種類とメタボリックシンドロームの関係

医療

脳梗塞の種類とメタボリックシンドロームの関係

あまり聞かないかもしれませんが、脳梗塞には種類があります。
脳梗塞は脳の血管が細くなったり血管が詰まることによって、脳に栄養が行かなくなる状態を言います。
脳の細胞が障害を受けることで機能がしなくなり、生活が出来なくなる可能性があります。
脳梗塞のひとつとしてあるのが、ラクナ梗塞で、脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞なので、枝分かれした血管が詰まっていく状態になります。
日本人に最も多いタイプの脳梗塞と言われていて、高血圧によって引き起こされる可能性が高くなります。
これらを予防していくには日常生活を変えることが大事です。
まず高血圧の人に多いのはメタボリックシンドロームになっている人がいます。
これは内臓脂肪などがたくさんあることで、肥満になっている状態です。
体脂肪率も高く運動をすることをしないために、エネルギーだけが体内に溜まっていき血管の障害などに発展してしまいます。
食生活を変えることや運動では有酸素運動をすることによって対処することが可能で、一番いいのはウォーキングなどの比較的レベルの低い運動をすることです。