元の生活に戻れるようにするのが使命です

医療

元の生活に戻れるようにするのが使命です

脳梗塞の影響によって、体が動かなくなる人も多くいます。
病院では医療の力でリハビリテーションをすることができますので、早く始めることが肝心です。
後遺症の残る患者さんは、日常生活の自立を目的として社会復帰を目指すようにモチベーションを持たせることが、医療には大事なこととなります。
可能な限り元の生活に戻れるようにするには、やはり症状の状況を把握することが大事です。
脳卒中から寝たきり状態になり、全身の運動機能低下を起こしているとするならば、まず筋肉を動かすようにしなくてはいけません。
ただし精神面での障害を起こしている場合もあるために、一概に本人の意思によってやり始めることではありません。
精神面での障害では認知症や不安に伴う症状などがありますので、それらを総合的に判断してやっていくことです。
もし精神面での障害が見られてしまうと、寝たきりの長期化になる恐れがありますので、初期対応もしっかりとしながら体を動かしていくことです。